6140 Hit

情報

作者
RZNさん
投稿日
2007-06-05 21:22:08
コメント
今、流行りの次元帝です。
名前は・・・カッコつけたかっただけですorz

【除外によるメリット】
1.リクルーター封殺

一番影響を受けるのは「クリッター」「ピラミッド・タートル」や「素早いモモンガ」といったリクルーターたちですね。彼らは墓地に送られた時に効果を発動するため、墓地に向かうルートを封じれば至極あっけなく無力化されます。
これらは総じて攻守が低く、こちらの「異次元の生還者」などで簡単に殴り倒して終わりに出来るのです。
ちなみに「見習い魔術師」だけは戦闘破壊されるだけでOKなので影響は小さい。

+「スキルドレイン」でより凄まじい支配力を得られますが、永続罠の多用がもたらすものは良い結果だけではありません。手札事故・置き場の圧迫・ライフ圧迫・モンスターの弱体化など。強いには強いのですが、安定した勝率を得るのは難しいでしょう。

2.蘇生封殺
墓地行きが不可能である以上、間接的に蘇生・自己再生系のカードも動けなくなります。
具体的には「黄泉ガエル」「ネフティスの鳳凰神」「ゴルド&シルバ」「早すぎた埋葬」「ドゥームガイ」「時の機械−タイム・マシーン」等のカード。必要とするデッキでは極端に需要が偏っているケースが多く、さらに逆対策を講じていないケースもまた多い。
蘇生を封じる=ラッシュをさせない、という意味合いも含まれてきますね。

3.リサイクル封殺
上記2つに絡む形になりますが、次元支配下では墓地資源はほとんど溜めることができません。
墓地が枯れている状況では「ノーレラス」「デビルドーザー」や「メガロック・ドラゴン」といった“〜を除外して特殊召喚する”モンスターの求めるものが揃わないのです。
魔法・罠の面でも「貪欲な壷」「闇の仮面」「ミラクルフュージョン」「サルベージ」「悪夢再び」等のカードに強い圧力が掛かります。

これは不可避の資源不足ではなく、こちらからの能動的な“墓地狩り”です。序盤に次元支配が完成すれば、僅か1枚でも回収が許されない事態も生まれるでしょう。相手の脅威を未然に防げたなら、何の苦も無く短期決戦で決着が付けれます。


【異次元の生還者と異次元の偵察機】
戦闘の要である2種類のモンスター。
「マクロコスモス」「次元の裂け目」さえ発動していれば、戦闘破壊・効果破壊・生贄にされても戻ってきます。
特に“生贄にしても戻ってくる”という特性を生かし、生贄要員として利用したのが『次元帝』。『次元ビート』だと「偵察機」は「魂吸収」を気にかけないなら必須ではありません。

上記の表では2体を通常・次元支配下ではどうなのかを比較してみました。
問題のコントロール奪取関連ですが、奪取された状態で除外されると除外されたまま。どちらのフィールドにも生還しなくなります。


【投入しないほうがよいカード】
↓墓地は使えない為
早すぎた埋葬
リビングデッドの呼び声
黄泉ガエル
ダンディライオン
クリッター
↓ライフコストがある為
押収
洗脳-ブレインコントロール
↓永続罠・魔法を使用する為
大嵐
↓邪魔になる為
スケープ・ゴート

デッキレシピ (40枚)

モンスター17枚(6/11)

  • 2《砂塵の悪霊》
  • 2《氷帝メビウス》
  • 2《雷帝ザボルグ》
  • 1《N・グラン・モール》
  • 2《ならず者傭兵部隊》
  • 1《メタモルポット》
  • 1《異次元の女戦士》
  • 3《異次元の生還者》
  • 2《異次元の偵察機》
  • 1《魂を削る死霊》

魔法12枚

  • 1《強奪》
  • 2《成金ゴブリン》
  • 2《増援》
  • 1《封印の黄金櫃》
  • 2《エネミーコントローラー》
  • 1《サイクロン》
  • 3《次元の裂け目》

罠11枚

  • 2《強制脱出装置》
  • 1《激流葬》
  • 1《死のデッキ破壊ウイルス》
  • 1《聖なるバリア−ミラーフォース−》
  • 3《マクロコスモス》
  • 3《神の宣告》

ナビ

最近投稿されたデッキ

リンク

その他